イースタンの人生謳歌

gumic.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 21日

指先バキューン!!

忙しくてROはやってませんがオリンピックは見てますw

さて今回のタイトル・・・オリンピック特集などでご存知の方もいるかもしれませんが
今回の日本チーム最年長、45歳のスケルトン競技・越選手の
げん担ぎのポーズ名です。
スタート前に前方を指差し、気合を入れるそうです。

私は失礼ながら今回のオリンピックで初めて越選手を知ったのですが、
まぁ一目惚れでしたw(ヘンな意味じゃないよ)
45になっても衰えない闘志、
日本ではマイナーだった競技を一人で頑張ってきた精神力、
最後のレースを終えた越選手は本当に「良い顔」でした。
以前話題になった41歳で銀メダルを獲った
アーチェリーの山本博選手の時も思ったのですが
やはり40歳を超えてもストイックに頑張っている方の顔は
本当にすがすがしくカッコイイな~と思います。
自分も歳をとったらあんなカッコイイ「顔つき」になりたいなと思います。

越選手は決して日本ではマイナーな競技だったから長年第一線やってこれたワケではなく、
過去には世界選手権でも数度優勝したことのある実力のある選手だそうです。
その走行ラインは「越ライン」と呼ばれ、世界にも知られているとか・・・。
実際今回のオリンピックでの走行中も海外のスケルトンファンからも「コシー」コールが起き、
走行中も他国のファンが自国の国旗を振りながら越選手を応援しているのが見えました。

やたらとカッコイイ「指先バキューン」
その精神が今後の日本スケルトン界に伝わるといいですね~。
越選手、本当にお疲れ様でした。

ちなみに「指先バキューン」の写真は越選手の公式サイトに載ってます。
45のオッサンがこれをやるって・・・・カッコイイぜw







やっぱスポーツの実況はN○Kに限りますな・・・。
普段は冷静に必要な情報を伝えることに徹している実況が
本当の盛り上がりの時にだけ声を荒げる・・・・
この抑揚が見ているこちらにも伝わる気がするのです。

民放の実況はなぜあんなに最初から最後まで騒いでいるのでしょうか・・・。
あれではゲームの本当の盛り上がりが伝わらないと思うのは僕だけでしょうか?

by gunmic | 2010-02-21 23:09


<< 都会(まち)はきらめくパッショ...      晴れた(^O^) >>