2010年 08月 08日

奇人?変人?だから何。

世間の休み時期こそ働き時!
なかなか忙しいイースタンですコンバンハ。

今回は酔っ払った勢いでただただ思い立った事を書きます(笑)
お題はタイトル通り・・・・・ってこれだけで分かる人は30歳以上決定!
この夏にいきなり映画でリバイバルされた「特攻野郎Aチーム」の話題です。

幼い頃に見たアメリカのアクションドラマは
当時の日本のドラマとは比べ物にならに程のスケールの大きさでした。
「ナイトライダー」「エアーウルフ」、そしてこの「特攻野郎Aチーム」。
日本の(当時の)映画クラスのアクションが毎週見れるというのは
非常に新鮮だった記憶があります。

そしてこの「特攻野郎~」は中でもコメディ要素が多く、
正に痛快アクションと呼ぶに相応しいドラマだったと思います。
バレバレの変装に毎回お約束のネタ(コングを飛行機に乗せるあたり)・・・・
何で子供の頃ってベタな繰り返しが面白かったんでしょうかねーw

そして今考えると優秀だったのが日本語版のキャッチフレーズの付け方です!
( )の中は当時思ってた心の声です

「変装の名人」(←どこがやww!!バレバレやん)

「だけど飛行機はかんべんな・・・」(←知っとるわw)

「ハッタリかましてブラジャーからミサイルまでなんでも揃えてみせるぜ 」
(↑ブラジャー!!!???(子供ダヨ))

「奇人?変人?だから何」(←本当に英語でこう言ってるのか!?)

というようにどっちかというと実際のドラマの内容より翻訳した人に翻弄されてた気もしますねww

あとはやっぱ音楽ですよねー。
当時のアメリカドラマはどれも曲がカッコよかった・・・。

映画は案の定CG駆使の様ですが
当時はもちろん全て実写・・・。
映画の予算に何千万もかけるんだったらCGに回さないで
実写にまわしてほしいもんですなぁ・・・・。


以上!

by gunmic | 2010-08-08 23:15


<< ご老体!      知床旅情 >>